保護者の方の勉強室

善悪の基準は親御さんが示す!(11月号)

日本の文化は「恥の文化」だといわれます。

 

例えば、昔は

「世間様に顔向けできない。」

「親に顔向けできない。」

「ご先祖様に顔向けできない。」

というフレーズが力を持っていた時代でした。

 

「昔は良かった。」という懐古主義に走るわけでないですが、

「〇○に顔向けできない。」という言葉が

当たり前のように生きていた時代は、

日本人の大きな美徳の一つである「恥の文化」が

生きていた時代ともいえました。

 

現代は、集団よりも個人が優先される時代です。

そんな時代では、

「そんな事をするとみんなから笑われるよ。」

「みっともないからやめなさい。」

は「恥の文化」の美徳が感じられます。

 

しかし、理屈が先行する現代では

「逆に他人がみていなければ何をしてもいい。」

と理解されかねません。

また、親御さんが、

直接「あなた(お子さん)の行動が悪い。」

伝えた事にはなりません。

 

このような注意を繰り返していると、

いつも周囲の人の目を気にしたり、

表裏のある子に育つ可能性もあります。

 

そこでやはりしつけを担う親御さんとして大切なことは

「○○さんから叱られる。」

というように他人まかせの言葉ではなく、

 

親御さん自らが

「人としての善悪」という判断基準

深く認識し、

それをお子さんに明確に示す事が

大切だと考えています。

 

上記は、現代のお子さんをしつける上で最も有効かつ、

大切な事なのです。

 

 

お問い合わせ

お問い合わせはこちらから

 

E-Mail pegasus-yk6kakubashi@s.email.ne.jp

 

TEL 045-534-7654

※面談・授業中の時は、折り返しご連絡をさせていただきます。

※開校時間帯以外は留守電になっております。メッセージを入れていただければ、こちらからご連絡させていただきます。

 

【通常開校日時】

〇月・火・木・金曜日

  13:00~22:00

〇水曜日

  16:00~22:00 

ぺガ博士
ぺガ博士

子育ての悩みも解消できる進学塾

 

白楽・岸根公園・六角橋の

地域No.1国語力強化