「論理的思考力」とは・・・


次に「論理的思考力」とは何か、の説明をさせていただきます。

 

 

 

 

論理的思考


「論理的思考」とは、一見ばらばらに思える言葉や考え方の間に関係を見付け出し、それを整理すること」

 

決して、難しく考えることではありません。

 

「論理的思考」とは「難しいことがら」を「わかりやすくすること」なのです。


論理的思考力


「論理的思考力」とは、「論理的思考をするための技術を使いこなす力」です。

 

皆さんは、「風が吹くと、桶屋(おけや)が儲かる」ということわざを聞いたことがあるかと思います。

 

しかし、これだけではなぜ風が吹くと桶屋が儲かるのかよくわかりません。

 

なぜなら、論理的でないからです。

 

 

では、論理的に説明すると、

 

❶風が吹くと、砂が舞う。

 

➋砂が舞うと、人の目に入る。

 

❸目に入った砂が原因で、目が見えなくなる人が多くなる。

 

➍目の見えない人は三味線を買う。

 (昔は目の見えない人の仕事として、三味線弾きがあった。)

 

➎三味線の材料となる猫皮を集めるため、猫が捕獲される。

 

➏猫が減ると、食べられることが少なくなるため、ネズミが増える。

 

➐増えたネズミが、たくさんの桶をかじる。

 

❽新しい桶が必要になるため、桶屋が儲かる。

 

ということになります。

 

 

なぜ、風が吹くと桶屋が儲かるかの理屈は、理解いただけたと思います。

 

(かなり非現実的ではありますが・・・)

 

つまり、「風が吹くと、桶屋(おけや)が儲かる」ということわざを、上記の❶~❽のように分かりやすく説明する力のことを「論理的思考力」といいます。