授業スタイル

インプット学習とアウトプット学習

まずは、「インプット学習」「アウトプット学習」についてお話をさせていただきます。

 

「インプット学習」とは先生から受身的に、ただ授業を受けた状態をいいます。

 

読書のみの学習、単調に書き写す学習など、一方的に習うだけの学習を示します。

 

「アウトプット学習」とは、インプットした情報を自分なりに理解し、その情報を外に出す訓練を示します。

 

インプットした情報が定着していなければ、アウトプットできません。


たとえば、何も見ずに単語を書く、たくさんの演習問題をノートに書いて解くなどがあります。


つまり、アウトプットができるということは、インプットした内容が定着していることになります。

 

学校や学習塾の授業の中心は「インプット学習」になります。

 

それなりに学習習慣が付いているお子さんなら、宿題や自宅学習をしっかりやることによって「アウトプット学習」をすることが出来ます。

 

しかし、学習習慣があまり身についていないお子さんは、「アウトプット学習」が出来ていないため、授業はわかるのにテストで点数が取れないということになります。

 

よって成績を上げたいならば、問題演習、単語・用語の暗記等の「アウトプット学習」にも時間を費やす必要があります。

 

そのため、ペガサス横浜六角橋教室ではパソコンを教材として使用し、「アウトプット学習」を中心に授業を進めていきます。

 

(ただし、「インプット学習」しっかりとされていない場合は、映像授業等でフォローさせていただきます。)

 

しかし、パソコンはあくまでも教材でありため、しっかりとノートを取ることを指導しています。

 

本当に理解できていなければ、再度前の単元に戻って復習を実施します。

 

理解不能のまま進んでも、「学力の穴」を作り、後々の単元の理解の障害となってしまうからです。

 

間違えた問題は必ず「ノートをとる」学習により、きちんとアウトプットできます。勉強で大切なのは「アウトプット学習」の量です。

 

ノートの作成方法も指導しています。