疑問詞whoを使用した疑問文の作り方!①

こんにちは。

ペガサス横浜六角橋教室の代表/進学・学習アドバイザーの篠田です。

 

来週からゴールデンウィークですね!

楽しい予定も入ってることと思います。

ただし、5月中旬から中間テストという学校も多いと思います。

連休後は気持ちを入れ替え頑張っていきましょう!

 

さて、今日は「疑問詞whoを使用した疑問文の作り方!」について

お話をさせていただきます。

Tom loves Yoko.

彼は陽子を愛しています。


上記の文章で、Tomが愛しているのが誰だかわからない場合、

どのような文にするかを説明させていただきます。


①Yokoを疑問詞whoに入れ替えます。

 Tom loves who.

となります。


②その入れ替えた文を疑問文にします。

 Dose Tom love who?


③そしてこの文の先頭に疑問詞whoをもっていきます。

 Who does Tom love?

これで完成です。


これは他の疑問詞を使った疑問文と同じとなります。

問題は主語(Tom)がわからない場合です。


次回は主語(Tom)がわからない場合の疑問文に関しまして

お話をさせていただきます。

 お問い合わせはこちらから

 

白楽・岸根公園・六角橋の中学受験塾

”国語力”と”誉め育て” それが中学受験のすべて

 

学習塾ペガサス 横浜六角橋教室

代表/進学・学習アドバイザー  篠田 啓彦

 

TEL  045-534-7654
E-Mail pegasus-yk6kakubashi@s.email.ne.jp 

 

東急東横線・白楽駅/横浜市営地下鉄ブルーライン・岸根公園駅より約10分

京急線・仲木戸駅/JR京浜東北根岸線・東神奈川駅よりバスで約10分

お問い合わせ

お問い合わせはこちらから

 

E-Mail pegasus-yk6kakubashi@s.email.ne.jp

 

TEL 045-534-7654

※面談・授業中の時は、折り返しご連絡をさせていただきます。

※開校時間帯以外は留守電になっております。メッセージを入れていただければ、こちらからご連絡させていただきます。

 

【通常開校日時】

〇月・火・木・金曜日

  13:00~22:00

〇水曜日

  16:00~22:00 

ぺガ博士
ぺガ博士

子育ての悩みも解消できる進学塾

 

白楽・岸根公園・六角橋の

地域No.1国語力強化