速聴読(ことばの学校)をする意味とは?

こんにちは。

学習塾ペガサス横浜六角橋教室の代表/

進学・学習アドバイザーの篠田です。

 

暑い日が続いています。

うちの教室の中3生の男の子が、

横浜市神奈川区から藤沢市の江ノ島まで自転車で行ったそうです。

そして、帰りが2時間30分程度で帰って来たと言っていました。

すごいパワーですね!


本日は、「速聴読(ことばの学校)をする意味とは?」

についてお話をさせていただきます。

ペガサス横浜六角橋教室では、

速聴読である「読むとくメソッドⓇことばの学校」を導入しています。

導入している理由は、下記の3つあります。

 

①読書嫌いをなくす、読書好きにさせる。

②語彙数を増やす。

③黙読速度を上げる。

 

「ことばの学校」は、朗読音声を聞きながら、本を黙読していくシステムです。

黙読が苦手なお子さんも無理なく読書を楽しむことができます。

よって、「読書嫌いをなくす、読書好きにさせる」ことができると考えています。

 

中学受験において、トップ校に合格するためには、

語彙数が3万語以上と必要とされています。

それをクリアするためには、かなりの努力が必要です。

「ことばの学校」を受講することによって、この3万語以上を身につけることは可能です。

 

また、高校受験においても、トップ校に合格するためには、

語彙数が4万語以上必要とされています。

中学生の平均語彙数は2万5千~2万8千語と言われています。

中学受験同様、これをクリアするためには、かなりの努力が必要です。

「ことばの学校」を受講することによって、この4万語以上を身につけることは可能です。

 

そして、御三家の一つである、麻布中の国語の入試問題を例にして

お話をさせていただきます。

麻布中は、約8000字の問題文が毎年出題されます。

一般的には2000~3000字の問題文が2題程度です。

 

テスト時間は60分です。

解答する時間を30分とすると、

問題文を読む時間は30分になります。

予備の時間を10分とすると、

問題文を読む時間は、20分しかありません。

2回読むとすると、1回つまり8000字を10分で読むことになり、

1分あたり、800字の黙読スピードが必要になります。

大人の平均の黙読スピードが約600字程度なので、

それを超える必要があります。


このスピードは、「ことばの学校」のスピードで言うと、3~4倍に当たります。

しかし、「ことばの学校」の朗読スピードを上げて練習いくことで可能になります。


体験授業もあります。

詳しくはお問い合わせください! 

お問い合わせはこちらから

 

白楽・岸根公園・六角橋の中学受験塾

”国語力”と”誉め育て” それが中学受験のすべて

 

学習塾ペガサス 横浜六角橋教室

代表/進学・学習アドバイザー  篠田 啓彦

 

TEL  045-534-7654
E-Mail pegasus-yk6kakubashi@s.email.ne.jp 

 

東急東横線・白楽駅/横浜市営地下鉄ブルーライン・岸根公園駅より約10分

京急線・仲木戸駅/JR京浜東北根岸線・東神奈川駅よりバスで約10分

お問い合わせ

お問い合わせはこちらから

 

E-Mail pegasus-yk6kakubashi@s.email.ne.jp

 

TEL 045-534-7654

※面談・授業中の時は、折り返しご連絡をさせていただきます。

※開校時間帯以外は留守電になっております。メッセージを入れていただければ、こちらからご連絡させていただきます。

 

 

【通常開校日時】

〇月・火・木・金曜日

  13:00~22:00

〇水曜日

  16:00~22:00 

ぺガ博士
ぺガ博士

子育ての悩みも解消できる進学塾

 

白楽・岸根公園・六角橋の

地域No.1国語力強化