定義と定理の違いは分かりますか?(中学数学)

学習塾ペガサス 横浜六角橋教室 代表/進学・学習アドバイザー 篠田啓彦

皆さん、こんにちは。

学習塾ペガサス 横浜六角橋教室の

代表/進学・学習アドバイザーの篠田です。

 

12月に入ってしまいました!

残り1ヶ月となりました。

本当に1年が過ぎるのが早くなってしまいました。

年を取ったのが原因かな(笑)。

 

さて、今日は

「定義・定理の違いはわかりますか?(中学数学)」

についてお話をさせていただきます

中2数学では、三角形の合同証明を学んでいる頃だと思います。
ここでは、定義・定理も習います。

 

では、定義と定理の違いは分かりますか?
これらを区別できるお子さんは少ないです。


ただし、この区別を知っておくと証明をする上で

とても理解力が深まります。
 

では、「定義」と「定理」について説明をさせていただきます。


まずは「定義」ですが、これは正しいかどうかはわかりませんが、
昔、偉い学者たちさんが、決めたことと覚えてください。


たとえば、「2辺が等しい三角形は二等辺三角形」としましょうと

決めただけです。

 

別の学者だったら、「2辺が等しい三角形は二辺等三角形」と

決めたかも知れない。


つまり、「定義とは、決まり・ルール」なのです。

 

次に、「定理」とは何でしょうか?


定理とは、定義を決めてからわかったこと」です。


たとえば、「2辺が等しい三角形は二等辺三角形である。」
と決めた後によくよく考えてみたら

「底角は等しい。」

「頂角の二等分線は底辺を垂直に二等分する。」
ということがわかったということです。

 

このことをしっかり頭に入れて証明問題にチャレンジしましょう!

白楽・岸根公園・六角橋の中学受験塾

”国語力”と”誉め育て” それが中学・高校受験のすべて

 

習塾ペガサス 横浜六角橋教室

代表/進学・学習アドバイザー  篠田 啓彦

 

TEL  045-534-7654
E-Mail pegasus-yk6kakubashi@s.email.ne.jp 

東急東横線・白楽駅/横浜市営地下鉄ブルーライン・岸根公園駅より約10分

京急線・仲木戸駅/JR京浜東北根岸線・東神奈川駅よりバスで約10分

#3の返信

 

「三角形の内角の和は180度」は定理になります。

 

昔、数学の学者さんが、「同一直線上にない3点と、それらを結ぶ3つの線分からなる多角形を三角形とする」(定義)と決めました。

 

そして、よくよく三角形を調べてみたら、「三角形の内角の和は180度」が分かりました。

 

だから、「三角形の内角の和は180度」は定理なのです。

 

ご質問ありがとうございました。

コメント: 7
  • #7

    (月曜日, 16 3月 2020 21:25)

    1次関数y=ax+bの時a,bが定数であるのは定義ですか

  • #6

    中退生 (土曜日, 15 2月 2020 22:09)

    非常に分かりやすかったです。

  • #5

    寺島凪 (木曜日, 06 2月 2020 21:50)

    ありがとうございます。とても分かりやすかったです。

  • #4

    はやはるうう (水曜日, 01 1月 2020 19:28)

    教えてください

  • #3

    はやはるう (水曜日, 01 1月 2020 19:28)

    三角形の内角の和は180度
    は定理なのか

  • #2

    ありがと (土曜日, 23 11月 2019 09:02)

    ありがと

  • #1

    ぽこぽこ (火曜日, 15 10月 2019 23:06)

    ぽこぽこ