仕事算は整数で解く!

こんにちは。

学習塾ペガサス横浜六角橋教室の代表/進学・学習アドバイザー

の篠田です。

 

今日はとても気持ちが良い日ですね!

 

さて、今日は「仕事算は整数で解く!」について

お話をさせていただきます。

上記の問題は、中学受験・算数の入試によく出される、「仕事算」の問題です。

皆さんのお子さんは、この問題をどのように解きますか?

 

一般的には、下記のように

全体の仕事量を1として考え、

Aが一日でする仕事量は1/18、Bが一人でする仕事量を1/15

として計算をしていきます。

 

もちろんこのやり方は間違えではありません。

正しいやり方です。


しかしこのやり方だと、分数の計算がある為ケアレスミスが多くなります。

ではどうしたらいいのでしょうか?

分数を使用せず、整数のみで解いていきます。


全体を1とするのではなく、

この問題の場合は、(90)とします。

(90)をどのように出すかと言うと、

18と15の最小公倍数を求めればいいのです。

これによって計算がとても楽になります。


そして、

Aが一日にする仕事量は

(90)÷18日=(5)


Bが一日にする仕事量は

(90)÷15日=(6)


二人が一日にする仕事量は

(5)+(6)=(11)


二人で六日間にする仕事量は

(11)×6日=(66)


よって、Bが一人で仕上げた日数は

(90)-(66)=(24)

(24)÷(6)=4日


6日+4日=10日・・・答え


どうですか。

計算はかなり楽になったのではないでしょうか?


参考にしてください!

お問い合わせはこちらから

 

白楽・岸根公園・六角橋の中学受験塾

”国語力”と”誉め育て” それが中学受験のすべて

 

学習塾ペガサス 横浜六角橋教室

代表/進学・学習アドバイザー  篠田 啓彦

 

TEL  045-534-7654
E-Mail pegasus-yk6kakubashi@s.email.ne.jp 

 

東急東横線・白楽駅/横浜市営地下鉄ブルーライン・岸根公園駅より約10分

京急線・仲木戸駅/JR京浜東北根岸線・東神奈川駅よりバスで約10分

お問い合わせ

お問い合わせはこちらから

 

E-Mail pegasus-yk6kakubashi@s.email.ne.jp

 

TEL 045-534-7654

※面談・授業中の時は、折り返しご連絡をさせていただきます。

※開校時間帯以外は留守電になっております。メッセージを入れていただければ、こちらからご連絡させていただきます。

 

【通常開校日時】

〇月・火・木・金曜日

  13:00~22:00

〇水曜日

  16:00~22:00 

ぺガ博士
ぺガ博士

子育ての悩みも解消できる進学塾

 

白楽・岸根公園・六角橋の

地域No.1国語力強化