物語・小説(文学的文章)を読む前に!

皆さん、こんにちは!

学習塾ペガサス 横浜六角橋教室の

代表/進学・学習アドバイザーの篠田です。

 

昨日は、所用で名古屋へ行ってきたのですが、

雨に降られてしまいました。

横浜は朝良い天気だったので、

傘を持っていくのを忘れてしまいました!

 

さて今日は、

「物語・小説(文学的文章)を読む前に!」

についてお話をさせていただきます。

模試や実力テスト等では物語・小説は

必ずと言っていいほど出題されます。

 

皆さんのお子さんは、そのような文学的文章を読む場合、

何に注目して読んでいますか?

 

なんとなく読んでいませんか。

恥ずかしながら、

私も学生の時はなんとなく読んでいました!

 

しかし、これはとてももったいない読み方です。

これからは、以下を注目してしっかりと熟読してもらいたいと

思います。

 

 

物語や小説は、必ずと言っていいほど、

主人公の心情の変化があります。

「心情」とは、心にある感情や思い、のことです。

これが必ずあると考えながら読むことがとても重要です。

 

 

例えば、

小学生の最後の試合の前に(に対して)、    ・・・・・・①

自信をなくしていた主人公が、         ・・・・・・②

他のメンバーとともに

苦しい練習に耐え抜くことによって(を通して) ・・・・・・③

主人公は自信を取り戻した。          ・・・・・・④

 

問題文を読んだ後に、上記のようにまとめられれば、

本文のポイントは押されたことになります。

 

 

つまり、

 『①に対して②だった主人公が

③を通して、④になる話。』

 とまとめることです。

 

主人公の心情が①から④に変わる。

その原因が、③である、

ということになります。

 

 

以上のように文学的文章を読む前に

「主人公の心情の変化」が

必ずあると考えながら

文章を読ませてください。

 

また、お子さんが、

問題文を読んだら、

「主人公の心情の変化」を確認

してあげてください!

 

 

参考にしてください!

 

 

関連ブログ

 「物語文の読解問題」

お問い合わせはこちらから

 

白楽・岸根公園・六角橋の地域No.1中学・高校受験塾

”国語力”と”誉め育て” それが中学・高校受験のすべて

 

学習塾ペガサス 横浜六角橋教室

代表/進学・学習アドバイザー  篠田 啓彦

 

TEL  045-534-7654
E-Mail pegasus-yk6kakubashi@s.email.ne.jp 

 

東急東横線・白楽駅/横浜市営地下鉄ブルーライン・岸根公園駅より約10分

京急線・仲木戸駅/JR京浜東北根岸線・東神奈川駅よりバスで約10分 

お問い合わせ

お問い合わせはこちらから

 

E-Mail pegasus-yk6kakubashi@s.email.ne.jp

 

TEL 045-534-7654

※面談・授業中の時は、折り返しご連絡をさせていただきます。

※開校時間帯以外は留守電になっております。メッセージを入れていただければ、こちらからご連絡させていただきます。

 

【通常開校日時】

〇月・火・木・金曜日

  13:00~22:00

〇水曜日

  16:00~22:00 

ぺガ博士
ぺガ博士

子育ての悩みも解消できる進学塾

 

白楽・岸根公園・六角橋の

地域No.1国語力強化