国語・接続語の挿入問題の解き方

皆さん、こんにちは。

学習塾ペガサス横浜六角橋教室の代表/進学アドバイザーの

篠田です。

もうすぐゴールデンウイークですね。

予定は立てましたか?

私は全く立てていません( ;∀;)。

 

さて、今日は

「国語・接続語の挿入問題の解き方」

            についてお話をさせていただきます。

ここでお話をする

「接続語とは、「文の前後の関係性を表す言葉」

のことを言います。

 

 

主な接続語を示しておきます。

 

逆説:前文とは逆の内容で後ろの文につなげる働き。

 

   例)「しかし」、「だが」、「ところが」、「けれども」等

換言:前の内容を言い換えたりまとめたりする働き。

   例)「つまり」、「要するに」、「すなわち」等

理由:前の内容の理由を説明する働き。

 

   例)「なぜなら」、「というのは」等

 

例示:具体例を挙げてわかりやすく説明する働き。

 

   例)「たとえば」、「いわば」等

接続語を挿入する問題では、

前後の文章が長いと上記の関係性が容易に見つけることが

できません。

そのため、どの接続語が良いかを見つけることも難しくなります。

 

そこでお勧めしたいのは、

挿入する「接続語の前後の文を要約する」

ことです。

 

そして、たとえ、挿入する接続語の選択肢があっても、

ひとまずそれを見ず、前後の文を要約し、接続語を考えてください。

なぜなら、選択肢によって惑わされる可能性があるためです。

 

参考にしてください!

お問い合わせはこちらから

 

白楽・岸根公園・六角橋の地域No1国語力強化塾

国語力と論理的思考力 それが中高校受験の礎

 

習塾ペガサス 横浜六角橋教室

代表/進学・学習アドバイザー  篠田 啓彦

 

TEL  045-534-7654
E-Mail pegasus-yk6kakubashi@s.email.ne.jp 

東急東横線・白楽駅/横浜市営地下鉄ブルーライン・岸根公園駅より約10分

京急線・仲木戸駅/JR京浜東北根岸線・東神奈川駅よりバスで約10分

お問い合わせ

お問い合わせはこちらから

 

E-Mail pegasus-yk6kakubashi@s.email.ne.jp

 

TEL 045-534-7654

※面談・授業中の時は、折り返しご連絡をさせていただきます。

※開校時間帯以外は留守電になっております。メッセージを入れていただければ、こちらからご連絡させていただきます。

 

 

【通常開校日時】

〇月・火・木・金曜日

  13:00~22:00

〇水曜日

  16:00~22:00 

ぺガ博士
ぺガ博士

子育ての悩みも解消できる進学塾

 

白楽・岸根公園・六角橋の

地域No.1国語力強化