· 

自由が丘学園高等学校


皆さん、こんにちは!

学習塾ペガサス横浜六角橋教室の代表・篠田啓彦(しのだひろひこ)です。

 

今日朝、起きたらびっくりしました。

北海道では大変なことになっています!

一日でも早く復旧してほしいですね。

 

さて、今日は高校のみの男子校である「自由が丘学園高等学校」を紹介させていただきます。

 

塾対象の学校説明会が、9月5日(水)10:30~で行われました。

その中で印象に残ったのは次の3点でした。

 

「自由が丘学園高等学校」のホームページ

高校の名前が街の名前に!

この高校の最寄駅は、東急東横線の自由が丘駅(上)です。

 

私はてっきり街の名前が高校の名前になったと思っていたのですが、本当はその逆で高校の名前の「自由が丘」が街の名前になったとのことでした。

 

とてもびっくりしました!

 

来年で創立90周年であることもご説明いただきました。

3コースから5コースへ

現在は、特別進学コース・選抜進学コース・総合進学コースの3コース制であるが、来年度より、「学校改革」の一環として下記の5コース制になるとのことです。

 

〇特別選抜PGコース(プログレスコース)

〇選抜進学SRコース(サイエンスコース)

〇選抜進学Gコース(グローバルコース)

〇選抜進学ASコース(アスリートコース)

〇総合進学Fコース(フロントティアコース)

 

今回の説明会は、校長先生自らお話をされていました(他校では、校長先生はあいさつ程度)。

そのため、学校改革の本気度が伝わてきました。

 

「コース詳細ー自由が丘学園高等学校」はこちら

適性検査型入試を昨年度から導入

入試制度で一番驚いたのが、昨年度より「適性検査型入試」があることです。

 

もちろん、必修ではなく、通常の入試「英語・数学・国語」と選択です。

 

「適性検査型入試」は、公立の中高一貫校の入試で登場してから、私立の方も徐々に増え続けています。

 

高校入試で「適性検査型入試」は初めて聞きました。

(他の高校で実施していたらごめんさなさい!)

 

「適性検査型入試」とは、単独の教科知識を問うだけでなく、複数の教科を組み合わせたり、活用するなど、解く力、総合的に考える力が試されるものです。

 

ちなみに、この高校では、300~600字ほど書かされるようです。

 

「入試要項ー自由が丘学園高等学校」の詳細はこちら

「学習塾ペガサス 横浜六角橋教室」のホームページはこちら

 

子育ての悩みも解消できる進学塾

白楽・岸根公園・六角橋の地域No.1国語強化塾

 

習塾ペガサス 横浜六角橋教室

代表  篠田 啓彦

 

TEL  045-534-7654
E-Mail pegasus-yk6kakubashi@s.email.ne.jp 

 

東急東横線・白楽駅/横浜市営地下鉄ブルーライン・岸根公園駅より約10分

京急線・仲木戸駅/JR京浜東北根岸線・東神奈川駅よりバスで約10分

お問い合わせ

お問い合わせはこちらから

 

E-Mail pegasus-yk6kakubashi@s.email.ne.jp

 

TEL 045-534-7654

※面談・授業中の時は、折り返しご連絡をさせていただきます。

※開校時間帯以外は留守電になっております。メッセージを入れていただければ、こちらからご連絡させていただきます。

 

 

【通常開校日時】

〇月・火・木・金曜日

  13:00~22:00

〇水曜日

  16:00~22:00 

ぺガ博士
ぺガ博士

子育ての悩みも解消できる進学塾

 

白楽・岸根公園・六角橋の

地域No.1国語力強化