筆算をするとき、定規を使う?

皆さん、こんにちは!

 

学習塾ペガサス横浜六角橋教室の代表・篠田啓彦(しのだ ひろひこ)です。

 

急に寒くなってきました。

 

不覚にも風邪をひいてしまいました!

 

受験生の皆さんは、特に気を付けてください!

 

今日のテーマは、

 

筆算をするとき、定規を使う?

 

です。

 

結論を言いますと、「あまり定規を使わない方が良い」と思っています。

 

(あくまでもお子様が中学受験をされる前提で考えています。)

理由としては、下の2つあります。

 

 

➀入試または模試の時は、定規を使用することが出来ません。

 

もちろんマス目もないため、フルーハンドでまっすぐな線を書く必要があります。

 

これが出来ないと筆算をするときに、つまらないケアレスミスを誘発します。

 

 

➁中学受験では、線分図・表・図形を書く必要がある問題がたくさん出題されます。

 

まっすぐな線を引くことも重要ですが、問題をなるべく早く解くために、すばやく引くことも重要です。

 

以上のことにより、

 

なるべく定規を使わないで、問題を解いていただきたいと考えています。

 

しかし、小学校で定規を使うことを義務づけられている場合があります。

 

(たぶん、雑に書くことを防ぐためと思われす。)

 

もちろん、学校の先生に逆らうことはできません。

 

 

その場合は、学校や学校の宿題では先生の指示に従い定規を使い、学習塾、または受験の勉強の時は使わないで問題を解いてみてください。

「資料請求」はこちら

 

子育ての悩みも解消できる進学塾

白楽・岸根公園・六角橋の地域No.1国語強化塾

 

習塾ペガサス 横浜六角橋教室

代表  篠田 啓彦

 

TEL  045-534-7654
E-Mail pegasus-yk6kakubashi@s.email.ne.jp 

 

東急東横線・白楽駅/横浜市営地下鉄ブルーライン・岸根公園駅より約10分

京急線・仲木戸駅/JR京浜東北根岸線・東神奈川駅よりバスで約10分

お問い合わせ

お問い合わせはこちらから

 

E-Mail keiri.gakusha@gmail.com

 

TEL 045-402-5446

※面談・授業中の時は、折り返しご連絡をさせていただきます。

※開校時間帯以外は留守電になっております。メッセージを入れていただければ、こちらからご連絡させていただきます。

 

 

【通常開校日時】

〇月・火・木・金曜日

  13:00~22:00

〇水曜日

  16:00~22:00 

生きる力を育むオンライン学習塾

それは「誉め育て」と「国語力」